C子のblog~メモ帳と感想文~

行ったとことか、見たものとか、聞いたこととか、読んだこととか、食べたものとか…思い出した順に何か書きます。メモ魔です。断捨離アンになりきれないダンシャリアンです。すべて個人の見解です m(__)m

タグ:海外旅行


ロックハウス (トリップアドバイザー提供)

 7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜 リゾートで紹介されていたジャマイカ,ネグリルのホテル「ロックハウス」

前書いたモルディブのルイ・ヴィトンのホテルに比べるとリーズナブルなのでいつか訪れる可能性はちょっとあるかも。とりあえず素敵だったのでメモ・・


続きを読む

Cheval Blanc Randheliの写真
Cheval Blanc Randheli (トリップアドバイザー提供)


7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾートで紹介されていたモルディブの超高級ホテル。なんでも、「ルイ・ヴィトン」の経営するホテルなんだとか。名前は「CHEVAL BLANC RANDHELI」。泊まることはないだろうけど、メモw

あえてフロントデスクを置かず、カート直接部屋に案内されるようになっていて、部屋っていっても、全45棟のヴィラの一棟がまるまる。一泊85万円のお部屋なんですけど。天井が高くて、目の前は海、プライベートプール付、室内の照明、TVなどは手元のiPadでコントロールなどなど。それと、別アイランドに渡ってのこれまたひとり一棟ごとというプライベートスパ。
Cheval Blanc Randheliの写真
Cheval Blanc Randheli (トリップアドバイザー提供)


ちなみにチキンカレーが3000円。

ホテル情報を調べてみたら、ご宿泊代金の他に下記の水上飛行機飛行機代金が別途必要って書いてありますw
Cheval Blanc Randheliの写真
Cheval Blanc Randheli (トリップアドバイザー提供)

フランスにもルイビィトン経営のホテルがあって、こちらは「 COURCHEVEL」というようです。トリップアドバイザーの口コミにひとつだけ、☆ひとつにしていた人がいたので、興味を持ったんですけど、ドイツ語でまったくわかりませんでした。その人とは相性がわるかったのかな。気になります。お店やレストランて金額が高ければ絶対満足するってもんでもないってことですね。

CHEVAL BLANC RANDHELI



taxi
    在エクアドル日本国大使館「当地におけるタクシー利用法
に掲載の正規のタクシーの見分け方

年末に起きたエクアドルで日本人夫婦が巻き込まれた事件を聞いて、タクシー強盗や特急誘拐について調べていたら、実際に海外で非常に危険な目に遭遇した人たちの経験談をいくつかのブログでみつけました。

読んでみると、う~~ん、、、想像以上に怖すぎる。警察(の格好した人)もグル運転手もグル観光者(のふりをした人)もグルみたいな。南米、メキシコ、フィリピン、タンザニア、イランなどいろいろ。

日本だとタクシー強盗って聞くと、乗客が運転手を襲うってパターンを想像しますが、海外だと乗った人がやられるという、そこからしてもうすべてが違うというか。

日本の感覚のままだとダメだとはわかっているつもりでしたが、時間が立つと、海外に行くのは怖いという気持ちが薄れてしまうと思うので自分への教訓用に関連リンクをまとめておこうと思います。

<タクシー強盗体験談
続きを読む

suicase

100均で揃える旅行便利グッズの2回目。

パッキングってキレイにできますか?私はちょっと苦手。

もし空港チェックでスーツケースを開けられたら2度と同じようにしまうことできないわ~とか、ホテルではあれどこに入れたっけ?と探してぐちゃぐちゃになったり・・・でも、100円ショップのこのグッズを使うようになって解決しました。

それは、


続きを読む

naturalkichen2

海外に行くと、泊るホテルによっては、毎朝のnewspaperサービスがあって、新聞がドアの前に置かれています。スポーツ、芸能、ちらし、などに分かれて折り込まれていて、その厚みったら!! まあ、クリスマスシーズンのチラシなんかは楽しいのでストアに行かなくてもチラシに見入ってしまいますが。

続きを読む

airplane


飛行機に乗ると離陸と着陸時になると電子機器をお切りくださいって言われますよね。どうやら、それが解禁になるかも知れないみたいですよ。 CNNの記事、米当局、離着陸時の電子機器使用を解禁
によれば、

米連邦航空局(FAA)は31日、旅客機の離着陸時にも機内モードに設定した携帯電話やタブレット端末といった電子機器の使用を認める方針を発表した
そうです。ただし

携帯電話での通話は引き続き禁止する。航空各社は今後FAAの指針に沿った計画書を提出し、承認を受けた後に使用が可能になる
とのこと。 これまで航空機の通信機器の邪魔になるという理由で禁止だったわけですが、なぜ今回解禁になるかというと、なんでも
FAAが昨年設置した航空専門家の委員会で、ほとんどの商用機は無線信号の干渉に耐えられるとの結論が出たことを受け、規制緩和に踏み切った
とのこと。え”~~~っっ!今までなんだったの~~という感じですが。オン/オフの切り替えってどんどんしなくてよくなってきて、便利な半面、全部がつながり過ぎているのもちょっとツマラナイ気もするなぁというのもあります。だって、これから海外に「いってきま~す」っていう感覚が半減しそう・・・。着陸の時くらいオフにするのってある意味、メリハリあっていいんだけどなぁ。。。


このページのトップヘ