C子のblog~メモ帳と感想文~

行ったとことか、見たものとか、聞いたこととか、読んだこととか、食べたものとか…思い出した順に何か書きます。 メモ魔です。 断捨離アンになりきれないダンシャリアンです。                                                                                                    すべて個人の見解です m(__)m

カテゴリ: > 韓国

11月16日のスマステーションで放映されたてるみくらぶの格安ソウルツアー。
3日間で5980円というから、もう驚き、桃の木、山椒の木!(←生まれて初めて使ってみたw)

さて、ここで問題です。なんでそんなに安いの?本当に5980円なの?大丈夫なの?ということで、いつもツアーを探す時のように検討してみました。(というかほぼ申し込みしようという気持ち満々もあり・・・)

スマステーション放映コース

~格安ツアーのここがチェックポイント!~
「てるみくらぶ」はネットで24時間いつても申し込めるので便利なので、旅慣れている人の利用は多いかと。私も何度かチケットどりなどで便利に使わせてもらってます。 さて、格安ツアーでの注意なんですが、まずは、出発時間と帰国時間がとても重要です。早朝過ぎる便や最終便のものだと家と空港の往復の交通がなく、困ることに・・・。空港内にホテルがありますが、余計な出費がかかってしまいますよね。国際線は出発約2時間前に集合が原則なので、例えば、羽田利用の人は、「家を朝6時台に出て8時台に到着できる。10時~出発の便ならOK」といった具合にバスや電車の時間も一緒にチェックしておく必要があります。



今回のツアーをみると航空会社・フライトの指定及びリクエストは不可で、11:00-19:00発&10:00-18:00帰着となっていますので、申し込んでからフライトが決まるということになります。早朝、深夜となることはないけれど、夕方の便発で最終日が朝の便帰着となった場合は、実質は中一日と思っていたほうがいいと思います。まあ、航空会社やホテルなどを選択できない分お安くなるわけで・・・。

また、同じ条件で4日間7980円というツアーもあるのですが、プラス2000円で中丸2日間を過ごせるので、時間に余裕があるならこちらがいいなと思います。2日あれば、明洞界隈でショッピングやグルメなどかなり満喫できるかと。航空会社は大韓航空、アシアナ、そして、LCC(チェジュ、イースター)も含まれた中からのいずれか。機内持ち込み荷物の制限が異なるので、もしお土産重たくなる~という人は注意が必要です。(例えばイースターは無料預け入れ手荷物: 15kg) コスメや食品って重くなるんですよね~。

次にホテル。こちらもいくつかあるホテルから申し込み後に確定し、リクエストはできません。ステイソウル方背ホテルルネッサンスなど口コミがあるのでだいたいこんな感じ~という想定をしてから、このツアーで本当にいいかを決めましょう。地下鉄駅近くのホテルだといいのですが、それはこの格安ツアーの場合は、申し込み後でないとわからないので、ホテルが決まったらとにかく立地を確認です!TripAdvisor.jp‎あたりの旅行口コミサイトや「韓国 ホテル名 口コミ」などと検索してみると出てきます。

ホテルをある程度は重視したいという場合や女性の場合特にホテルとその界隈の安全面なども考慮したいので、その辺は慎重に!海外初めて~という方にはあまりお勧めしないかな。スーペリアホテル以上のツアーでもかなり安いので、そちらを検討したほうがいいと思います。

明洞エリアスーペリアホテルクラス 4日で17980円。ひゃ~それでも、国内旅行より安い?

~5980円に燃油サーチャージと空港税を足すと?

さて、ここからがさらに重要!
海外ツアーの場合、燃油込代金なのか、空港税などの諸費用は?という問題があります。

この5980円のツアーの場合には、この旅費の他に以下の必ず必要な費用があります。
国内空港使用料 2040円
燃油サーチャージ 5000円
現地空港諸税 2900円
成田空港旅客保安サービス料 500円

5980円+10440円=16420円 とこんな感じです。他のツアー会社さんで、燃油サーチャージ込12800円あたりのツアーに空港税などを足すとやはり同じ程度になりますね。

現地での送迎付きは楽チンですし、お土産物屋さんにはストップしますが、これを必ず買いなさい!っていう強制があるわけではないし、バスの中でガイドさんが今はこれが流行りなのといった情報を教えてくれたりしてするので便利だったりするのです。

というわけで、B級グルメやマッサージを満喫したい旅慣れた人には5980円(合計=16420円)ツアーはありだと思います。エステの後にビジネスホテルじゃちょっとなあっていう人にはホテル重視で、それでもお得な17980(合計=34400円)以上のツアーあたりがいいのかなぁと思います。

まとめ:実質は、諸税もろもろ含めても2万円以下というツアーになるわけですが、航空会社にこだわらない、ソウル内の交通機関をすでに利用したことがあるまたは旅慣れているので自信がある、中一日を満喫できる、価格重視のホテルでOK、どちらかというとグルメやショッピングがメインでホテルは寝るだけといった旅行スタイルの方なら問題なさそう~ 

IMG_0281

韓国ドラマやK-POP人気以来、ソウルでの日本語の案内ってかなり増えたので、飲食やお土産ややショップ、ホテル、エステやマッサージなども韓国語ができなくてもそれほど歩き回るのに困ることはありません。ソウル市内を移動する手段としてはタクシーか交通機関の地下鉄などになるのですが、個人的にはタクシーよりも地下鉄のほうが安心というかわずらわしくない気がします。ただ、利用時間や駅近辺の治安などに注意して利用する駅の情報を確認するのは必須です。そこでおススメなのが、韓国に行く前にコネストの韓国地図
のダウンロードです。スマホアプリの利用やスマホに画像を入れていくという方法もありますが、電波が入らない、電源が切れたというような時にでも対応できるように初めてで不安!という時には印刷用PDFファイルをプリントアウトしていくと安心です。

アプリはいくつかありますが、iOS用はSubway - 韓国地下鉄路線図
というアプリが駅情報もあって便利です。

IMG_0282

さて地下鉄の乗り方ですが、自動販売機で行き先までの切符(カード)を買って、日本のタッチ型の改札と同じように構内に入り、目的のホームへ。車内では、日本の地下鉄のように、ドア上にデジタル案内がでますので、降りる駅を見過ごすこともないと思います。

チケット購入の際に悩むのは、一回用乗車券にするか、交通カードにするか。交通カード(T-money)は日本のPASMOのようなもので、一万ウォンなどをチャージして使います。空港からの移動も地下鉄でしたい人、滞在中の移動が多い人、慣れていて動きまわる予定という人はこちらがいいと思います。バスにもつかえて、乗り継ぎ時間が一時間以内の場合は割引料金も適応されるので、便利です。

ただ、最近のツアーは空港ピックアップが付いているものがほとんどなので、ほんの1~2回だけ地下鉄で移動したいなんて時には、やはり「一回用の乗車券」を購入することになります。ちなみにワタクシは前回HISのツアーを利用したのですが、今はソウル3日間で12800円、燃油込ってのが出ていて、この価格どうなってるんでしょうね。確かに空港からホテルまでの間に立ち寄る免税店で散財してしまいますがw


まあ、さておき、そこで、この「一回用の乗車券」についての”要”注意事項をば!知らないと損しちゃいますよ。


IMG_0283
切符の自動販売機。行き先はアルファベットでも検索できます。

~一日乗車券のデポジットは返金について~

一回乗車券には、行き先の駅までの料金+500ウォンが含まれているのですが、この500ウォンは後から戻ってくるのです。降りる駅の改札を抜けた後に、”保証金換金機”というのがあるので、そこに使用済みの乗車券(カード)を入れると500ウォンが戻ってきます。まあ、約50円、往復で100円程度ですが、改札横にある換金機を使うだけで手間はかからないので~。

IMG_0286
ホームの幅が広いです。
IMG_0288
地下鉄内の通路部分の幅も広いです。椅子は金物なので座り心地は固いです。そして下から温風が~。

そんなところで、今日の韓国旅行TIPSは終わりです。

あ!韓国への格安ツアーだと早朝便が多いので、こんなまとめも合わせてどうぞ!
【羽田空港】早朝便に始発で間に合わない場合の前日の過ごし方-カプセルホテル、仮眠室、待機、ホテル


IMG_0382

思い出したように書く韓国ネタです。というのもHISでいつものように、海外旅行をのぞいてみていたら、ソウルで忘年会という素晴らしい企画がのっていてカルビと飲み放題と観光つきで2万円だそうです。ちょっと忘年会に韓国へ~なんていいですねぇ。もし、これから韓国へ行こうという方いたら、汗蒸幕と垢すりに行くのお勧めです。老廃物たっぷり出て超~リフレッシュできますので。

ということで、今回は、韓国の「JJマッド汗蒸幕」に行った時の体験を書こうと思います。



続きを読む

このページのトップヘ