closet
毎日、どこかの番組で、何かしらの片づけ、収納の話を取り上げていますよね。こんなにたくさんの本も出ていて、何回も特集番組も組まれているのに・・・。みんな悩んでいるってことなのかな。

今日、ヒルナンデスでやっていたのは「片付けでやってはいけないこと」でした。

1.片づけの前にやってはいけないこと、2.収納のゴールデンゾーン、3.シンク下の高さを有効利用、4.スーツにシワを作らずたたんで収納できる家庭用品、5.防虫剤を置く場所で正しいのは?、6.バック内のごちゃごちゃを整理するグッズ、というお題で方法やグッズを紹介していました。目新しいアイディアというわけではないものもありましたが、ひとつ参考になったものが・・・

ではそのメモφ(.. )
<<片づけでやってはいけいないこと>>

1.片づけの前にやってはいけないこと>>>収納グッズを揃えてはいけない
物を一か所にそろえる物の量を把握することが鉄則とのこと。

これは本当にそう。収納グッズに入れるがためにいらないものが増えてしまうんですよね。

2.収納のゴールデンゾーンを意識する→収納に最も適したゴールデンゾーンは 腰から目線の位置。
(これ気になって調べてみました。最後のほうに書いてます)

3.シンク下の高さを有効利用→突っ張り棚をたてに利用する
シンク下でやってはいけない→ダンボール類は湿気が多いシンクではNG
シンク下に突っ張り棚を縦にに配置して区切り、そこにフライパンを立てるという使い方でした。

4.スーツにシワを作らずたたんで収納できる家庭用品→バスタオルを挟んで収納
スーツを二つ折りにする際に、折り目にタオルをはさむとふわっとなったままシワがつかずに収納できるというもの。

洋服全般にそうですが、数が多くて、ぎゅうぎゅうに収納しているとしわや折り目がつきますよね。やはり数を厳選して、8割程度に収納が収まるようにすると着ようと思って出したときにしわがたくさんで困った!になりにくいと思います。

5.防虫剤を置く場所で正しいのは?→引き出しの底ではなく、衣類の上に置く
これは防虫剤の説明書にも書いてあるのであたりまえなのになぁと思いながら見ていましたが・・・。理由は知らなかった。防虫剤の成分は空気より重いため、衣類の上に置くと上から下に広がるそうです。

6.バック内のごちゃごちゃを整理するグッズ→cheero CLIPでケーブル類をまとめる
自在に曲がる構造になっていて、マグネットがついている万能クリップ「cheero CLIP」 というグッズを紹介していました。アマゾンのクリップ部門で一位になった商品だそうです。


この手のアイテムってマジックバンドのものが多いけど、マグネットになっているのはめんどくさがり屋にもよさそう。でも、1480円かぁ・・・。

<<ゴールデンゾーンの見直しをしようっと>>
この中で、とくに参考になりそうだなと思ったのは「ゴールデンゾーン」です。 確かに、低い位置や高い位置になってしまうと元に戻すっていう作業が面倒になってしまいます。

実家の片づけをしていて、思い当たるふしがあるので、親の目線でのゴールデンゾーンを考えることにしようと。小さい子のいる家庭は、成長に合わせてゴールデンゾーンを見直すとか、家族全員のつかうものは、家族全員のゴールデンゾーンに値する場所に収納するなどの工夫をするとよさそう。

キッチンや本棚のも、ゴールデンゾーンを見直してみたいと思いました。

いくつかゴールデンゾーンを活用について書かれているブログを参考にしようっと。

キッチン収納 ゴールデンゾーンを活用したい!
ゴールデンゾーンを活用できているか、収納を見直してみる
廊下収納スペースの見直し~ゴールデン・ゾーンがもったいない~(整理収納アドバイザの方のサイトです)

メモおわり~