house

どこから話していいかわからないけれど、いろいろあって、去年、今年と親宅の整理整頓を地道にしています。これが本当に大変・・・。重要なとっておくもの、確認するもの、捨てるものと区分けして、数日たっていくとまた一からの作業となってしまったり。そんな実家の断捨離話も、少しずつ(たぶん愚痴になるけどw)書いていこうと思います。

今日もノンストップで「片づけられない親に悩む子」というテーマで特集していて、同じように悩む人が増えているんだな~と。処分に困る親の荷物がまさにうちの実家のあるある!でした。

親の荷物の数ほど娘の貯金が減るって言ってた(; ̄Д ̄)。番組で紹介していた「実家の片づけにかかる費用」についてのメモを。

<親が物を処分しない>
-壊れた電化製品をとっておく
-処分しようとすると怒る
-一緒に住んでないから言えない など

<片づけにかかる費用>
-家一軒分の不用品を片づけると30~40万円
-実際の例、リビング一部屋にかかる費用 リサイクル業者で10万円
(内訳、基本料金3150円、作業費1万2600円、エアコン5775円、洋ダンス5775円、マッサージチェア9450円、3人掛けソファ5775円、テレビ7350円)
-運び出し費用が結構かかる。階段での搬出+2100円

-クロネコでやっている「らくらくお片づけパック」
家財の整理、収納、不用品の引き取り、買い取り、部屋の掃除などの代行。1部屋(8畳)5万円~

-自治体などの粗大ごみ処分は300~2500円と費用が抑えられるが自分で運び出しをしなければならない

処分に困る親の荷物>う
-桐のタンス 高価なものだからととっている人が多いが(←うちでも確かに困った)
-仏壇-引き取り、供養、処分までを一括代行、供養証明発行。13万5000円~
-写真-ばらばらな写真がコンパクトになる写真代行サービス1419円~ (←うちも段ボール4箱分ほどでてきたw)

番組内でツイッターからコメント募集していて、番組時間内で400通も。

-夫の親と同居になるから他人事じゃない
-亡くなった祖母宅を片付けたら軽トラ3台分かかった

などなど。
---

今、親宅を片づけしていて思うのは、実家の片づけって親がまだ元気なうちに、折り合いをつけながらやるのがいいってこと。

でも、離れていたり、時間のこともあるし、何より親が元気だとなかなか無理強いできない。喧嘩になるしねー。でもね、ほんといきなりくるんですよ。やっておけばよかったーーって時が。(うちは今がそのときなんですが)

親は確実に老いていくし、自分もね。かたづけって体力かかりますー。

それと、お金の問題もだけど、何かあってからではなくて、親が元気なうちに一緒に片づけをしたほうがいい理由がいくつかあって。そのことはまた次回にでも書きます。

それにしても、今日、実家に行って、この番組何気なく見せればよかった----