画像1


神谷町(と六本木の間)に伊太利亜亭というカフェレストランのパスタ屋さんがあります。その昔、初めて”カレースパゲッティ”に遭遇したこのお店。今は神谷町方面にわざわざいくこともなくて、たまに、あ~カレーパスタ食べたいって思っていました。ある時、作り置きしていたミートソースがほんのちょびっと残っていたので、思い立って作ってみたら、これが美味しい!これならおうちでまったりできて満足かな。作り方はほ~んとに簡単です。

基本は残りもののミートソースにカレー粉を合わせて茹でたパスタを絡める。これだけなんですが、ちょっとだけひと手間をかけるとかなり本格的な味になります。

meatsouce

この日、あと一口が微妙に残ったミートソース。このままだと一人分には足りないし…


玉ね4分の1くらいとニンニクひとかけらをオリーブオイルで炒め、そこにミートソースを投入。ちょっと水気を入れたいのですが、お水だと味が薄まっちゃうので、白ワインか調理酒があれば大匙1~2くらい。パスタのゆで汁でもよいです。そこにカレーパウダー小さじ1、クミンパスダー大きく3振り、ガムラマサラ大きく3振りを混ぜ合わせ、ゆであがったパスタをそのフライパンに入れて合わせる。で、出来上がり!

市販のカレールーなら、20gくらい(一般的な8皿分のカレールーの16分の1くらい)を包丁で細かくして使うのもありです。

うちではミートソースを作るときキノコ類を何かしら最初から入れるのですが、入ってない場合、冷蔵庫に残っているエリンギやら、エノキやら、しめじなどがあれば少しでもいれるとさらに味がでます。

最近は香辛料がスーパーでいろいろそろうのでクミン、ガムラマサラあたりは持っているといろいろな料理をアレンジできてとても便利です。

玉ねぎとニンニクを最初に炒めるというのがポイントですが、カレーの量や入れる香辛料は好みなので自分の好きな味のバランスでアレンジしてみてください。

こっそり白ワインをつけると幸せランチになりますよー。(午後から仕事や家事がある人はワインは一杯だけにしといてねーw)