mama

断捨離で困ったこと。以前、お守りが捨てられないを書きました。
今回はぬいぐるみが捨てられないデス。

ぬいぐるみ系を捨てるというときに現れる性格って2とおりのみ、その中間っていない気がしています。

→人形やぬいぐるみをさくっと捨てられて後悔することもない人。

→頭ではわかっていても、どうしても捨てられない人。

そして、捨てられない人が捨てられる人の真似をしようとしてえいやっ!て思い切りだけで思い出品を捨ててしまうと、ほぼ確実に後悔したり落ち込みます。

捨てられない人は

 スペース的にはすっきりさせたい、でも捨てられないという狭間でユラユラ。

 供養すればと思うけれど、お金かかるのと手間がかかるので先延ばしに。ということも。

 ここまできて手放すのがやっぱり躊躇しちゃう・・・

など。私は捨てられない人のほうです。

気持ち的に手放しやすいのは、必要とされているところにあげる。ですね。

保育園の保母さんをやっている友人や近くの児童館にも聞いてみました・・・・

 おもちゃはモノによって、でも、ぬいぐるみは基本的に受け入れていない。

ということでした。

施設によっては、ウェルカムなところもあるかもしれませんがタイミング良く近くにあるかどうかはこれまた探すのは面倒ですね。

ワールドギフトが、 文具、ぬいぐるみなどを回収して発展途上国など必要とされている場所での活用をしています。集荷料金は、3辺合計150cm、重さ30kgまでで1900 円、3辺合計180cm重さ40kgまでの詰め放題で2400円となっています。沖縄県と離島のみ集荷不可だそうです。

セカンドライフでも同様に集荷受付してくれます。古着も受け付けています。こちらは3辺100cmで1480円なので、少ない場合はこちらがお安いです。また、一件受け付けにつきワクチン一本分の寄付の貢献にもなります。

そういえば、関ジャニの村上さんと丸山さんがラジオ番組で視聴者さんからどうしたらぬいぐるみを捨てられる?という質問を受けていました。その中で、近所の 保育園に進呈したら喜ばれて、翌年も持っていったら、前に持って行ったぬいぐるみで遊んでくれていたというエピソードが投稿されていました。

ところで、村上くんは物持ちがいいそうで、、Tシャツも汚れてきたら最後にシンクを掃除してから処分するそうです。主婦キャラ決定ですw

供養したい

という方は、富士浅間神社で受け付けています。みかん箱1箱分(縦・横・高さの合計が100cm程度)で2500円+神社へ送る際の送料。持参もできます。月に一度、社殿にて、人形の御霊を天に返す式典を執行しているそうで、完了後手紙でお知らせもしていただけるとのこと。

さて、処分にふんぎれない人の場合、処分におお金がかかるからという理由もあると思います。でも、お金のかからないゴミとして捨てるのは気が引ける・・・。

こ の場合、人形を思う気持ちが強いか、というよりも処分した後での後悔度が高くなりそうな人は多少お金がかかっても納得のいく方法を選ぶことをおススメしま す。半年後の自分の気持ちを考えてみて、2000~3000円を使ったことのほうが後悔するか、人形を普通のごみとして処分したことが後悔するか。

それと後悔しないためにやったのは、ぬいぐるみをひとつひとつ手にとってこんまりさん流の「ときめくかときめかないか」で判断して、ときめいたぬいぐるみは わざわざ処分することなく、とっておくことにしました。ただ、収納してしまうのでは意味がないので、季節ごとにインテリアの一部として飾ってあげること に。ムーミンママもそんな断捨離サバイバーです。

人それぞれなので、「手放すこと」が負担になる人は、それなりの方法や順番でやられたほうが身体にいいと思います。だんだんと手放すことに慣れてくるものです。

こんまり流・人生がときめく片づけの魔法!”捨てる”基準は「トキメキ」のまとめ